[14] ザ・シークレット──「偉大なる秘密」の発見への旅/ロンダ・バーン (角川書店)

ザ・シークレット,ロンダ・バーン,自己啓発,引き寄せの法則,瞑想,観想法

 この本は、全世界で1,000万部の超ミリオン・セラーになった自己啓発書で、「引き寄せの法則」の代表的な古典の一つです。

 科学者、実業家、教育家など24人の「人生の師」が、自らの体験に基づいたメッセージを紹介しています。それぞれ言葉は違っていても、同じ内容のメッセージで次から次へと語りかけてきます。
「引き寄せの法則は、あなたが一番強く描いていることを実現していきます。あなたが思っていることが現実となります」
「あなたの今の人生は、あなたが今まで抱いてきた思考の結果です。ですから、あなたの人生のすべては、あなたが考え方や感情を変えれば完全に変えることができます」
 ひと言でいえば「あなたの思いが現実をつくっている」ということですが、シンプルでわかりやすい教えが、多くの人たちを魅了したのだと思います。

 

 しかし、今回5年ぶりに読み返してみて、この本の「弱点」も、その「シンプルさ」にあるのではないかと感じました。シンプルなので「誰でも簡単に成功できる」と思う人が出てくるかも知れないからです。
 誤解を恐れずに言いますと、「引き寄せの法則」で簡単に願望が叶うと安易に考えている人が、1度や2度のセミナー参加やワーク体験ぐらいで人生がチェンジできるとは思いません。願望(欲望)だけで「いいとこ取り」をしようとしても、うまくはいきません。

 

 今までの自分の悪癖や悪習慣を断ち切って、心の底からチェンジできるためには、相当な覚悟が必要です。それこそ、命がけの決意が求められます。
 なぜなら、人間は窮地に陥らないと、決して過去の自分を放棄せず、本気で自分を変えようなんて思わないからです。
 ロンダ・バーン自身も次にように述べています。
「1年前、私の人生は完全に崩壊しました。まず、父が突然亡くなりました。次に、仕事仲間や恋人との関係がおかしくなり、心身ともにぼろぼろになってしまったのです」
 こうした窮地に陥っていたからこそ、彼女は心底から生き方をチェンジする気になったのだと思います。人間は絶望(失意のどん底)の中で、過去の執着心を手放した時に、初めて「生まれ変われる」のだと思っています。
 彼女は、過去の自分のように、失意のどん底で苦しんでいる人たちのために、真っ先にこのメッセージを伝えたかったに違いありません。たとえ絶望の淵にいても、無心の「祈り」や無償の「愛」が奇跡を起こすことを知ってほしかったのだと思います。

 

 この本が出版されてから、数多くの人々がこのシンプルな教えに共感し、自分の思考(考え方や感情)を変えようとしました。でも、なかには思うように願望が実現できない人も多くいます。なぜでしょうか?
 その理由について、この本の中でヒントになる言葉が頻繁に出てきます。
「この本に登場する師たちも、毎日例外なく瞑想しています。瞑想はあなたのマインドを鎮静化し、“思考をコントロール”できるようになります」
 また『ザ・シークレット』の原点の一つといわれる『願いを叶える7つの呪文』という本の中でも、著者の一人であるグレニンガーが次のように述べています。
「あなたは考える通りの人間になる。そのためには、“思考を自分でコントロール”することが重要なのだ」
 これらのアドバイスは、逆に言えば「自分の心をコントロールすることができなければ、願望は実現できませんよ」と言っているのです。もちろん、この法則の本質は徹底したプラス思考にありますから、ネガティブな言い方はしておりません。しかし、心をコントロールするということは、あなたが普段、意識化できない無意識に潜む「心の習慣」から解放されることを意味します。
 このブログでも紹介した『マスター・キー』のハアネルも、ヨガの実践をして、自身の潜在意識をコントロールしていたと言われています。ヨガの瞑想(観想法)によって自我を手放し、「本来の自己」によって心のコントロールを可能にしたのです。
 いずれにしても、今までの自分の考え方や感情をつくっている無意識の心から解放され、新しい「心の習慣」に切り替え、持続して定着させることは容易なことではありません。先にも述べましたが、普通の人は、よほどの人生の転機でもなければ、心底から自分の生き方をチェンジすることは難しいからです。

 

 心をコントロールすることがいかに難しいかは、その後に出版された数多くの「引き寄せの法則」関連の本を見れば明らかです。それらの本の中では、『ザ・シークレット』や『マスター・キー』などの古典書は、あくまでも羅針盤として学ぶ本として位置づけられています。そして「心のコントロール」について数々の実践法を新たに追加することによって、「引き寄せの法則」を実践面から補強させています。

 

 この本との出会いによって心が大きく揺さぶられ、その後、生き方を転換させて大きな成功を手に入れた方々が数多くいることも確かです。世界中の人々に愛読され、感動と喜びを与えた本書は、これからも多くの人々に読み続けられることでしょう。
 セレンディビティ(幸運のシンクロニシティ)は、我欲を手放し、「すべては繋がっている」という心の状態になった時にあなたの意識に訪れるのです。

 

【おすすめ度 ★★★】(5つ星評価)



書評 精神世界の本ベスト100に戻る

関連ページ

[1] エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代
[2] 「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン
[3] 富を「引き寄せる」科学的法則」/ウォレス・ワトルズ
[4] 流れとかたち/エイドリアン・ベジャン
[5] 唯識十章/多川 俊映─
[6] 2045年問題/松田卓也
[7] トランスパーソナルとは何か/吉福伸逸
[8] 一流人たちの感性が教えてくれた「ゾーン」の法則/志岐 幸子
[9] ザ・マスター・キー/チャールズ・ハアネル
[10] 禅と食/枡野 俊明
[11] プロセス指向心理学/アーノルド・ミンデル
[12] ルーフ・オブ・ヘブン/エベン・アレキサンダー
[13] 異次元は存在する/リサ・ランドール
[15] 宇宙瞑想/横尾忠則対談集
[16] アップデートする仏教/山下良道、藤田一照
[17] ザ・ゲート/エリック・パール
[18] 100万回生きたねこ/佐野洋子
[19] 神様のホテル/ビクトリア・スウィート
[20] 風邪の効用/野口晴哉
[21] わら一本の革命/福岡正信
[22] ネイティブ・マインド/北山耕平
[23]生きる。死ぬ。/土橋重隆、玄侑宗久
[24] あわいの力/安田 登
[25] 里山資本主義/藻谷 浩介
[26]しらずしらず/ムロディナウ
[27] すべては宇宙の采配/木村 秋則
[28] 奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー
[29] 祈る心は、治る力/ラリー・ドッシー
[30] 脳の神話が崩れるとき/M・ボーリガード
[31] なぜ、これを「信じる」とうまくいくのか/マシュー・ハトソン
[32] 超常現象 科学者たちの挑戦/NHK取材班
[33] 皮膚という「脳」/山口 創
[34] 魚は痛みを感じるか?/ヴィクトリア・ブレイスウェイト
[35] 食品の裏側──みんな大好きな食品添加物/阿部 司(東洋経済)
[36] 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み/木内鶴彦(晋遊舎)
[37] かもめのジョナサン完成版/リチャード バック(新潮社)
[38] 「ビジネスゲーム」から自由になる法/R・シャインフェルド(VOICE)
[39] 思考のすごい力/ブルース・リプトン(PHP研究所)
[40] 脳科学は人格を変えられるか?/エレーヌ・フォックス(文藝春秋)
[41] がんが消えた──ある自然治癒の記録/寺山心一翁(日本教文社)
[42] 体の知性を取り戻す/尹 雄大(講談社現代新書)
[43] 宇宙のパワーと自由にアクセスする方法/ディーパック・チョプラ(フォレスト出版)
[44] 腰痛は怒りである──痛みと心の不思議な関係/長谷川淳史(春秋社)
[45] 野生の体を取り戻せ!/ジョン J・レイティ、リチャード・マニング(NHK出版)
[46] がんが自然に治る生き方/ケリー・ターナー(プレジデント社)
[47] 打てば響く/竹村文近、大友良英(NHK出版)──音の力、鍼の力
[48] 病は心で治す──健康と心をめぐる驚くべき真実/リサ・ランキン(河出書房新社)
[49] フューチャー・オブ・マインド──心の未来を科学する/ミチオ・カク(NHK出版)
[50] 目の見えない人は世界をどう見ているのか/伊藤亜紗(光文社新書)

●トップページ ● 書評 精神世界の本 ベスト100 ● スピリチュアル書店 ● 出版社&WEBマガジン ● トピックス