[69] NATURE FIX──自然が最高の脳をつくる/フローレンス・ウィリアムズ(NHK出版)

 誰でも森や海など自然豊かな環境に行くと、「気持ちがいい」「元気になった」という経験をしたことがあるでしょう。自然の中で過ごすと健康によいことは、誰もが体感していることだと思います。

 しかし、なぜそうなのか? その科学的根拠については、つい最近までほとんどわかっていなかったのです。
 本書は、米国の科学ジャーナリストである著者が、自然と健康に関する研究をしている数多くの専門家たちを取材し、その科学的根拠をまとめた本です。

 

 巻末の解説の中で、自然セラピーを提唱している宮崎良文(千葉大学教授)は、本書について次のように述べています。
「運動が脳にいい影響を及ぼすことは、すでに科学的に解明されているけれど、『自然環境』も心身の健康には必要だ。そう考えた彼女は、自然と健康に関する科学を研究している専門家を訪ね、日本、韓国、イギリス、フィンランド、スウェーデン、シンガポールなどに飛んだ。
 そして著者自ら実験に参加しながら、脳活動を中心に、心拍変動性やストレスホルモン計測に関わる研究の現状を紹介している。自然セラピー研究の世界の動向を把握するには絶好の書籍である」

 

 宮崎教授の研究グループは、環境に対する生理機能の反応を調べた結果を次のように報告しています。
「森のなかをゆっくりと散策すると、都会を歩いているときと比べて、従来ストレスホルモンと呼ばれていたコルチゾール値が16%も下がることを発見した。それだけではない。交感神経の活動が4%、血圧が1.9%、心拍数も4%下がった。また、ほとんどの被験者は気分が良くなり、不安感が軽減したという結果が出た」

 

 また宮崎教授と共同研究を行なっていた李卿(りけい)は、他の実験で、NK細胞が活性化したことを報告しています。
「東京在住の中年のビジネスマンの一団を森に連れていき、3日間、2〜4時間ほど森のなかをハイキングしてもらった。3日後に血液検査を実施したところ、ビジネスマンのNK細胞が40%も増大していることがわかった。さらにその後も7日間、NK細胞が増えた状態は持続した。1か月が経過しても、NK細胞の数は森ですごす前よりも15%も多かった」
 NK細胞は、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ攻撃するリンパ球ですが、なぜこの実験で増えたのだろうか?
「李はさらなる臨床実験を重ねた結果、樹木が発散する香り『芳香性揮発物質(フィトンチッド)』がNK細胞を活性化することがわかった。そればかりではない。樹木の香りには、NK細胞のみならず、抗がんタンパク質、腫瘍細胞の細胞死をうながすグラニュライシン、グランザイムAとB、パーフォリンといったタンパク質分解酵素も増大したのである」 

 

 嗅覚(匂い)だけではなく、視覚による癒し効果もあるようです。
 ナノ粒子物理学者リチャード・テイラーは、視覚系のフラクタル構造が、視野に入ったフラクタル映像と適合すると、生理学的な共鳴が起こり、ストレスがやわらぐと言っています。
「雲であれ、景色であれ、自然界のさまざまなパターンはフラクタルで構成されている。私たちは自然界に存在するフラクタルのパターンをもっと見る必要があるのに、それが充分にできていない」
 直線状の建物が連なる環境で、私たちは目にやさしく、ストレスを軽減する自然界との結びつきを失いつつあるようです。

 

 最後に、自然と人間の感情について興味深い研究もあります。
 ケストナー(カリフォルニア大学教授)によれば、数あるポジティブな感情のなかで、『畏怖の念』を抱くことが、自己中心的な考え方が抑えられ、社会の利益へと視野が広がる効果があると言っています。彼が行なった臨床実験によれば、『畏怖の念』を抱くことは人との絆を強め、それによって炎症がおさまり、ストレスがやわらぐことがわかったという。
「人知を超えた自然の圧倒的な力に直面したとき、人は助けあって絆を強めることで環境に適応し、進化してきた。そうやって、こんにちまで生き抜いてきたのだ」
 私たちは、満天の星や大海原など雄大な自然の光景を目の前にした時、敬虔な気持ちになることがある。そういえば、宇宙飛行士が宇宙から地球を眺めた時の感情も「畏怖の念」だったのかも知れない。

 

【おすすめ度 ★★★】(5つ星評価)


関連ページ

[1] エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代
[2] 「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン
[3] 富を「引き寄せる」科学的法則」/ウォレス・ワトルズ
[4] 流れとかたち/エイドリアン・ベジャン
[5] 唯識十章/多川 俊映─
[6] 2045年問題/松田卓也
[7] トランスパーソナルとは何か/吉福伸逸
[8] 一流人たちの感性が教えてくれた「ゾーン」の法則/志岐 幸子
[9] ザ・マスター・キー/チャールズ・ハアネル
[10] 禅と食/枡野 俊明
[11] プロセス指向心理学/アーノルド・ミンデル
[12] ルーフ・オブ・ヘブン/エベン・アレキサンダー
[13] 異次元は存在する/リサ・ランドール
[14] ザ・シークレット/ロンダ・バーン
[15] 宇宙瞑想/横尾忠則対談集
[16] アップデートする仏教/山下良道、藤田一照
[17] ザ・ゲート/エリック・パール
[18] 100万回生きたねこ/佐野洋子
[19] 神様のホテル/ビクトリア・スウィート
[20] 風邪の効用/野口晴哉
[21] わら一本の革命/福岡正信
[22] ネイティブ・マインド/北山耕平
[23]生きる。死ぬ。/土橋重隆、玄侑宗久
[24] あわいの力/安田 登
[25] 里山資本主義/藻谷 浩介
[26]しらずしらず/ムロディナウ
[27] すべては宇宙の采配/木村 秋則
[28] 奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー
[29] 祈る心は、治る力/ラリー・ドッシー
[30] 脳の神話が崩れるとき/M・ボーリガード
[31] なぜ、これを「信じる」とうまくいくのか/マシュー・ハトソン
[32] 超常現象 科学者たちの挑戦/NHK取材班
[33] 皮膚という「脳」/山口 創
[34] 魚は痛みを感じるか?/ヴィクトリア・ブレイスウェイト
[35] 食品の裏側──みんな大好きな食品添加物/阿部 司(東洋経済)
[36] 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み/木内鶴彦(晋遊舎)
[37] かもめのジョナサン完成版/リチャード バック(新潮社)
[38] 「ビジネスゲーム」から自由になる法/R・シャインフェルド(VOICE)
[39] 思考のすごい力/ブルース・リプトン(PHP研究所)
[40] 脳科学は人格を変えられるか?/エレーヌ・フォックス(文藝春秋)
[41] がんが消えた──ある自然治癒の記録/寺山心一翁(日本教文社)
[42] 体の知性を取り戻す/尹 雄大(講談社現代新書)
[43] 宇宙のパワーと自由にアクセスする方法/ディーパック・チョプラ(フォレスト出版)
[44] 腰痛は怒りである──痛みと心の不思議な関係/長谷川淳史(春秋社)
[45] 野生の体を取り戻せ!/ジョン J・レイティ、リチャード・マニング(NHK出版)
[46] がんが自然に治る生き方/ケリー・ターナー(プレジデント社)
[47] 打てば響く/竹村文近、大友良英(NHK出版)──音の力、鍼の力
[48] 病は心で治す──健康と心をめぐる驚くべき真実/リサ・ランキン(河出書房新社)
[49] フューチャー・オブ・マインド──心の未来を科学する/ミチオ・カク(NHK出版)
[50] 目の見えない人は世界をどう見ているのか/伊藤亜紗(光文社新書)
[51] 仏教思想のゼロポイント──「悟り」とは何か/魚川祐司(新潮社)
[52] 世界の中にありながら世界に属さない/吉福伸逸(サンガ)
[53] ONE──「1つになる」ということ/加藤秀視(徳間書店)
[54] 食べない人たち──「不食」が人を健康にする/秋山佳胤、森美智代、山田鷹夫(マキノ出版)
[55] 体をみれば心がわかる──ボディートークの世界/増田明(創元社)
[56] 植物は〈知性〉をもっている/S・マンクーゾ、A・ヴィオラ(NHK出版)
[57] 無意識の整え方/前野隆司(ワニ・プラス)
[58] 悲しみの秘義──悲しみを通じてしか見えてこないものがある/若松英輔(ナナロク社)
[59]ゴースト・ボーイ──10年の植物状態から目覚めた少年/M・ピストリウス(PHP)
[60] 第七感──運命を変える不思議な力/さだじぃ(晋遊舎)
[61] 無病法/ルイジ・コルナロ──102歳を生きた偉大なルネサンス人の食生活と教訓
[62] インターネットの次に来るもの/ケヴィン・ケリー(NHK出版)
[63] あなたの体は9割が細菌──微生物の生態系が崩れはじめた/アランナ・コイン(河出書房新社)
[64] ただ生きていく、それだけで素晴らしい/五木寛之 (PHP研究所)
[65]胎児の世界──人類の生命記憶/三木成夫(中公新書)
[66] 細胞から若返るテロメア・エフェクト/エリザベス・ブラックバーン(NHK出版)
[67] 遺伝子は、変えられる/シャロン・モアレム(ダイヤモンド社)
[68] 新版 動的平衡──生命はなぜそこに宿るのか/福岡伸一(小学館新書)

●トップページ ● 書評 精神世界の本 ベスト100 ● スピリチュアル書店 ● 出版社&WEBマガジン ● トピックス