[63] あなたの体は9割が細菌──微生物の生態系が崩れはじめた/アランナ・コイン(河出書房新社)

「過食と運動不足だけで肥満になるわけではない」

──著者は本書の中で、肥満の根本原因について、次のように述べています。
「たしかに、食べた量が多くて運動量が少ないと、余ったエネルギーが蓄えられて体重が増えるのは当然のことのように思える。しかし、そんな単純なものではないことを、私たちは今やっと理解しはじめているところだ。最近の医学的研究によれば、じつはマイクロバイオータ(腸内の微生物群)が、あなたに代わって、食べ物から余分なエネルギーを引き出すかどうかを決めているのだ」
 微生物があなたに代わって食べ物から余分にエネルギーを引き出すのなら、あなたが食べ物から得るカロリー量を決めるのは、標準換算表ではなくあなたの微生物群だ、というわけです。
 したがって「痩せた人の腸内細菌群を採取して太った人に移せば、食事療法なしに体重を落せるだろう」と言っています。

 

 ご存じのように、肥満は20世紀半ば頃から急激に増えてきています。肥満ばかりではありません。胃腸疾患、アレルギー、自己免疫疾患、それに自閉症など心の病気も急増しており、いわゆる「21世紀病」と呼ばれています。著者によれば、これら「21世紀病」が増えているのは、マイクロバイオータ(腸内の微生物群)のバランスが崩れていることと深く関係していると述べています。

 

 それでは、なぜ現代人はマイクロバイオータのバランスが崩れてしまったのでしょうか。
 その原因の一つは、抗生物質の処方の乱用によるものです。抗生物質という強力な薬は、健康を害する細菌を殺すだけではなく、健康を保つ細菌まで殺してしまうのです。
 そればかりではありません。抗生物質の70%が食肉用家畜に使われており、私たちは多量の抗生物質を口から摂取しています。抗生物質を使えば、感染症を心配せずに狭い場所に多くの家畜をつめこむことができるし、おまけに抗生物質には成長促進作用があるので、企業としては、肥えた家畜を大量に生産できるメリットがあるわけです。

 

 また著者は、長い間かけて築いてきた母から子への腸内細菌の移植(自然分娩、母乳)が、帝王切開や粉ミルク使用のため、妨害されてきている事実も指摘しています。
「破水と同時に微生物の入植がはじまる。赤ん坊は産道を通るとき、微生物のシャワーを浴びる。ほぼ無菌状態だった赤ん坊を膣の微生物が覆っていく。母から子への最初の贈り物、糞便と膣の微生物が無事に届けられる」
 こうして赤ん坊の腸内に棲みついた初期のコロニー(腸内細菌の入植地)は、数か月あるいは数年かけて発展していくマイクロバイオータの基礎となるという。
「問題は、多くの赤ん坊が母親の膣を通らずに生まれてくることだ。帝王切開で生まれた赤ん坊は感染症になりやすく、アレルギーを発症しやすい」
 そこで、帝王切開で生まれてくる赤ん坊に対して、膣の微生物を移す臨床試験も行なわれています。手術前に妊婦の膣に入れておいたガーゼを取り出し、赤ん坊が出てきたらそのガーゼで、口、顔、全身をこするという方法です。著者は「とても単純だが、効果が期待できる介入だ」と語っています。

 

 つぎに、粉ミルク育児の弊害についても指摘しています。
「母乳に含まれるオリゴ糖と生きた細菌が腸のマイクロバイオータの『苗』を育てる役割を果たし、赤ん坊の成長に合わせて変わるのだとすると、粉ミルク育児ではどうなるのだろう。残念ながら現代の粉ミルクは重要な栄養成分がたくさん加えられているが、免疫細胞や抗体、オリゴ糖、生の細菌までは入っていない」
 粉ミルクで育つ赤ん坊は、感染症にかかりやすく、また過体重になりやすいという。粉ミルクだけで育った子どもは、大人になってから60%も多く糖尿病を発症するといわれています。

 

 以上、私が印象に残った内容をいくつか紹介しましたが、他にも「心を操る微生物」「微生物に必要な餌」「他人の糞便を分けてもらう」など興味深いテーマがたくさん出てきます。きっと、あなたの中で共生している「仲間たち(細菌)」が愛おしくなると思います。一読をおすすめします。

 

【おすすめ度 ★★★】(5つ星評価)


関連ページ

[1] エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代
[2] 「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン
[3] 富を「引き寄せる」科学的法則」/ウォレス・ワトルズ
[4] 流れとかたち/エイドリアン・ベジャン
[5] 唯識十章/多川 俊映─
[6] 2045年問題/松田卓也
[7] トランスパーソナルとは何か/吉福伸逸
[8] 一流人たちの感性が教えてくれた「ゾーン」の法則/志岐 幸子
[9] ザ・マスター・キー/チャールズ・ハアネル
[10] 禅と食/枡野 俊明
[11] プロセス指向心理学/アーノルド・ミンデル
[12] ルーフ・オブ・ヘブン/エベン・アレキサンダー
[13] 異次元は存在する/リサ・ランドール
[14] ザ・シークレット/ロンダ・バーン
[15] 宇宙瞑想/横尾忠則対談集
[16] アップデートする仏教/山下良道、藤田一照
[17] ザ・ゲート/エリック・パール
[18] 100万回生きたねこ/佐野洋子
[19] 神様のホテル/ビクトリア・スウィート
[20] 風邪の効用/野口晴哉
[21] わら一本の革命/福岡正信
[22] ネイティブ・マインド/北山耕平
[23]生きる。死ぬ。/土橋重隆、玄侑宗久
[24] あわいの力/安田 登
[25] 里山資本主義/藻谷 浩介
[26]しらずしらず/ムロディナウ
[27] すべては宇宙の采配/木村 秋則
[28] 奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー
[29] 祈る心は、治る力/ラリー・ドッシー
[30] 脳の神話が崩れるとき/M・ボーリガード
[31] なぜ、これを「信じる」とうまくいくのか/マシュー・ハトソン
[32] 超常現象 科学者たちの挑戦/NHK取材班
[33] 皮膚という「脳」/山口 創
[34] 魚は痛みを感じるか?/ヴィクトリア・ブレイスウェイト
[35] 食品の裏側──みんな大好きな食品添加物/阿部 司(東洋経済)
[36] 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み/木内鶴彦(晋遊舎)
[37] かもめのジョナサン完成版/リチャード バック(新潮社)
[38] 「ビジネスゲーム」から自由になる法/R・シャインフェルド(VOICE)
[39] 思考のすごい力/ブルース・リプトン(PHP研究所)
[40] 脳科学は人格を変えられるか?/エレーヌ・フォックス(文藝春秋)
[41] がんが消えた──ある自然治癒の記録/寺山心一翁(日本教文社)
[42] 体の知性を取り戻す/尹 雄大(講談社現代新書)
[43] 宇宙のパワーと自由にアクセスする方法/ディーパック・チョプラ(フォレスト出版)
[44] 腰痛は怒りである──痛みと心の不思議な関係/長谷川淳史(春秋社)
[45] 野生の体を取り戻せ!/ジョン J・レイティ、リチャード・マニング(NHK出版)
[46] がんが自然に治る生き方/ケリー・ターナー(プレジデント社)
[47] 打てば響く/竹村文近、大友良英(NHK出版)──音の力、鍼の力
[48] 病は心で治す──健康と心をめぐる驚くべき真実/リサ・ランキン(河出書房新社)
[49] フューチャー・オブ・マインド──心の未来を科学する/ミチオ・カク(NHK出版)
[50] 目の見えない人は世界をどう見ているのか/伊藤亜紗(光文社新書)
[51] 仏教思想のゼロポイント──「悟り」とは何か/魚川祐司(新潮社)
[52] 世界の中にありながら世界に属さない/吉福伸逸(サンガ)
[53] ONE──「1つになる」ということ/加藤秀視(徳間書店)
[54] 食べない人たち──「不食」が人を健康にする/秋山佳胤、森美智代、山田鷹夫(マキノ出版)
[55] 体をみれば心がわかる──ボディートークの世界/増田明(創元社)
[56] 植物は〈知性〉をもっている/S・マンクーゾ、A・ヴィオラ(NHK出版)
[57] 無意識の整え方/前野隆司(ワニ・プラス)
[58] 悲しみの秘義──悲しみを通じてしか見えてこないものがある/若松英輔(ナナロク社)
[59]ゴースト・ボーイ──10年の植物状態から目覚めた少年/M・ピストリウス(PHP)
[60] 第七感──運命を変える不思議な力/さだじぃ(晋遊舎)
[61] 無病法/ルイジ・コルナロ──102歳を生きた偉大なルネサンス人の食生活と教訓
[62] インターネットの次に来るもの/ケヴィン・ケリー(NHK出版)

●トップページ ● 書評 精神世界の本 ベスト100 ● スピリチュアル書店 ● 出版社&WEBマガジン ● トピックス