[61] 無病法/ルイジ・コルナロ──102歳を生きた偉大なルネサンス人の食生活と教訓(PHP)

 日本では、あまり知られていませんが、著者のコルナロは16世紀のヨーロッパでは、レオナルド・ダヴィンチやミケランジェロよりも有名な人物として、よく知られていました。

 彼は、当時としては異例の長寿(102歳)を全うしたばかりでなく、亡くなる直前まで体力・知力ともにきわめて快調で、病気とは無縁の生涯を送ったのです。
 コルナロは83歳の時に、次のように語っております。
「なんの助けもなく馬に乗ることができるし、階段はいうまでもなく、山にもやすやすと登ることができる。気分はいつも陽気で、心が曇るようなことは一度もない。生への倦怠や生活の疲労などまったく無縁である」
 たとえ長生きできても、寝たきりでは毎日が憂鬱になってしまいます。彼のように「健康寿命」が生涯続くなら、長生きすることがもっと楽しくなるはずです。

 

 ところが、若い頃の彼は決して健康ではなかったようです。暴飲暴食に明け暮れる毎日を送っていたせいで、すでに30代で様々な成人病を患っています。その後、生死の淵をさまようまでになり、医者からは「もはや助かる見込みがない。40代で亡くなるだろう」と、余命宣告されたのです。
 そして医者は彼を救う最後の処方箋として、食習慣の究極の改善=「極少食」をすすめました。彼は助かりたい一心から、言われた通りにその指示を実践したのです。
「はしがき」に、その時の経緯について、次のように述べています。
「すると、数日もしないうちに回復の兆しがみえた。そしてしばらくすると、病が本当に癒えてしまった。そればかりか、1年後にはさらに完全な健康体となったうえに、性格的にもそれまでの怒りっぽさが消えて、まったくの別人のようになったのだった」
 驚くべきことに、彼は「極少食」の実践によって死の淵から奇跡的に甦ったのです。
 その後は、ますます自らの体験に自信を深め、この「節食健康法」を一人でも多くの人々に伝えようと、小冊子を出版したのです。この本は欧米では、当時からベストセラーになり、今でも長寿健康法のバイブルとして広く読まれています。

 

 コルナロが実際に食べていたものは、パンと卵の黄身、スープまたはパン粥、それと肉と魚を少し、かわるがわる数種類食べるというものでした。1日の食事量は350gで飲み物はワインを400cc、これを1日2回に分けて摂っていました。1食当たりでは、食事がたったの175gとワインが200ccになります。
 私は、体調が崩れた時などは度々半断食をして調整するようにしています。また、もともと少食タイプなので、著者が健康のために「節食」を勧めている理由が、実感としてよく理解できます。
 それでも、多くの健康書を読んでいると、正反対の学説や意見もあり、時々迷ってしまうこともあります。なかには「食を節すると寿命が縮まる」という人もいます。また「好きなように飲み食いしても長生きしている人もいる」「肉をたくさん食べないと元気がでない」などの声もよく耳にします。彼は、そうした疑問に対して、次のように述べています。
「私自身が生き証人である。私は老人であり、食もわずかだが、快活でエネルギーにあふれていて、痛むところなど一つもないからだ」
「私は当初の予想より46歳も長生きして、現在86歳になっているが、体はきわめて健康、気分はじつに快活。五官はすべて完全で、また歯も声も、記憶力も心臓も、悪くなったり衰えたりしているところはまったくない。頭脳については、むしろ以前より明晰さが増している。要するに、加齢によって心身の機能が低下するということが少しもないのだ」
 この本には彼が95歳まで執筆したものが収められており、読んでみると高齢になっても体力だけではなく、知力も衰えていないことがわかります。

 

【おすすめ度 ★★★】(5つ星評価)


関連ページ

[1] エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代
[2] 「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン
[3] 富を「引き寄せる」科学的法則」/ウォレス・ワトルズ
[4] 流れとかたち/エイドリアン・ベジャン
[5] 唯識十章/多川 俊映─
[6] 2045年問題/松田卓也
[7] トランスパーソナルとは何か/吉福伸逸
[8] 一流人たちの感性が教えてくれた「ゾーン」の法則/志岐 幸子
[9] ザ・マスター・キー/チャールズ・ハアネル
[10] 禅と食/枡野 俊明
[11] プロセス指向心理学/アーノルド・ミンデル
[12] ルーフ・オブ・ヘブン/エベン・アレキサンダー
[13] 異次元は存在する/リサ・ランドール
[14] ザ・シークレット/ロンダ・バーン
[15] 宇宙瞑想/横尾忠則対談集
[16] アップデートする仏教/山下良道、藤田一照
[17] ザ・ゲート/エリック・パール
[18] 100万回生きたねこ/佐野洋子
[19] 神様のホテル/ビクトリア・スウィート
[20] 風邪の効用/野口晴哉
[21] わら一本の革命/福岡正信
[22] ネイティブ・マインド/北山耕平
[23]生きる。死ぬ。/土橋重隆、玄侑宗久
[24] あわいの力/安田 登
[25] 里山資本主義/藻谷 浩介
[26]しらずしらず/ムロディナウ
[27] すべては宇宙の采配/木村 秋則
[28] 奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー
[29] 祈る心は、治る力/ラリー・ドッシー
[30] 脳の神話が崩れるとき/M・ボーリガード
[31] なぜ、これを「信じる」とうまくいくのか/マシュー・ハトソン
[32] 超常現象 科学者たちの挑戦/NHK取材班
[33] 皮膚という「脳」/山口 創
[34] 魚は痛みを感じるか?/ヴィクトリア・ブレイスウェイト
[35] 食品の裏側──みんな大好きな食品添加物/阿部 司(東洋経済)
[36] 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み/木内鶴彦(晋遊舎)
[37] かもめのジョナサン完成版/リチャード バック(新潮社)
[38] 「ビジネスゲーム」から自由になる法/R・シャインフェルド(VOICE)
[39] 思考のすごい力/ブルース・リプトン(PHP研究所)
[40] 脳科学は人格を変えられるか?/エレーヌ・フォックス(文藝春秋)
[41] がんが消えた──ある自然治癒の記録/寺山心一翁(日本教文社)
[42] 体の知性を取り戻す/尹 雄大(講談社現代新書)
[43] 宇宙のパワーと自由にアクセスする方法/ディーパック・チョプラ(フォレスト出版)
[44] 腰痛は怒りである──痛みと心の不思議な関係/長谷川淳史(春秋社)
[45] 野生の体を取り戻せ!/ジョン J・レイティ、リチャード・マニング(NHK出版)
[46] がんが自然に治る生き方/ケリー・ターナー(プレジデント社)
[47] 打てば響く/竹村文近、大友良英(NHK出版)──音の力、鍼の力
[48] 病は心で治す──健康と心をめぐる驚くべき真実/リサ・ランキン(河出書房新社)
[49] フューチャー・オブ・マインド──心の未来を科学する/ミチオ・カク(NHK出版)
[50] 目の見えない人は世界をどう見ているのか/伊藤亜紗(光文社新書)
[51] 仏教思想のゼロポイント──「悟り」とは何か/魚川祐司(新潮社)
[52] 世界の中にありながら世界に属さない/吉福伸逸(サンガ)
[53] ONE──「1つになる」ということ/加藤秀視(徳間書店)
[54] 食べない人たち──「不食」が人を健康にする/秋山佳胤、森美智代、山田鷹夫(マキノ出版)
[55] 体をみれば心がわかる──ボディートークの世界/増田明(創元社)
[56] 植物は〈知性〉をもっている/S・マンクーゾ、A・ヴィオラ(NHK出版)
[57] 無意識の整え方/前野隆司(ワニ・プラス)
[58] 悲しみの秘義──悲しみを通じてしか見えてこないものがある/若松英輔(ナナロク社)
[59]ゴースト・ボーイ──10年の植物状態から目覚めた少年/M・ピストリウス(PHP)
[60] 第七感──運命を変える不思議な力/さだじぃ(晋遊舎)

●トップページ ● 書評 精神世界の本 ベスト100 ● スピリチュアル書店 ● 出版社&WEBマガジン ● トピックス