[60] 第七感──運命を変える不思議な力/さだじぃ(晋遊舎)

 世の中には、メカニズムは解明されていないが、何か不思議な力によって、病気が治癒したり運気が上ったという話は数多くあります。じつは、若い頃にはそうした力に強い関心を持っていたのですが、最近は以前ほど興味が持てなくなっておりました。
 私は20代から30代にかけて、精神世界の雑誌(『The Meditation』)の編集に携わっていたので、当時、そうした「不思議な力」を持った人たちに出会う機会が多かったのです。今から考えると、その頃は毎日が「非日常的な体験」ばかりでしたので、私にとって不思議現象は、ごく当たり前のものとして捉えておりました。いわゆる「シンクロニティ(共時性)」が次々と起こり、見るもの聞くもの、出会う人が私にとって、すべて「意味のある必然」でした。

 

 あれから40年近く経った今でも「不思議な力」の存在については当然あり得ることだと思っています。しかし、最近はそうした能力よりも、その人物が「どんな心情を持って、どういう生き方をしているのか」ということに関心が移ってきました。だから、一見スピリチュアルとは無縁な人の中にも、存在感のある「心ある」人がいると共感してしまいます。

 

 今回、紹介する著者は、ある日突然「不思議な力」に目覚め、病気で苦しむ人々を治癒しているという宮崎在住のヒーラーです。なぜ、私がこの著者に興味を持ったのかといいますと、彼の「心情と生き方」が信頼できると思ったからです。
 私は「能力者」と言われるヒーラーが信頼できるかどうかの基準を次のように考えています。
 まず、経済的に困窮している患者さんでも施術を受けられる料金なのかということです。だから、その人が必要以上のお金を得たい、贅沢をしたいという欲望を強く持っていないか気になります。

 

 それについて、彼は次のように述べています。
「施術で旅に出るようになってからしばらくの間、ずっと赤字が続いても、歯をくいしばってがんばりました。全国あちこちに出かけると、交通費と宿泊費、会場費だけでも結構な金額になります。その上、1回の施術料は誰もが受けられるような価格に設定していますから、途中で旅費がなくなってしまったこともあります。
 ホテルの朝食の無料のおにぎりをポケットに入れて、食費を節約したこともあります。それでもこの旅をやめなかったのは、自分の使命をはっきり感じていたからです。
 私はこの力でお金儲けをしようなどとは、これっぽっちも考えたことはありません。家族が何とか食べていかれて、私自身は1日の終わりに、ちょっとだけビールが飲めればそれでいい。ほかには何もいりません」

 

 もちろん、料金以外についても、いくつかのチェックポイントがあります。自分の能力に対して、つねに謙虚さを持っている人なのかです。人間の力を超えたものに対する畏敬の念、あるいは人知を越えた存在に対する謙虚な姿勢があるかです。「私は仏陀だ」「私は神だ」というカリスマ志向の人は要注意です。また、裏表のない、心が開いている人なのかも大切な要素だと思っています。
 以上のチェックポイントは、あくまでも私の独断なので、あまり参考にはならないかも知れません。いずれにしても、本当に信頼できる人なのかどうか、その判断は非常に難しいと思います。実際に施術を受けた人から直接話を聞くのも一つの判断材料になるでしょう。できれば、あなた自身の目で直接確かめるのが一番です。

 

 私が危惧するのは、彼のような「能力者」が現れると、必ず彼をビジネスに利用しようとする人たちが群がってくることです。高塚光氏のように、メディアで大きく取り上げられ、いつの間にかそうした人たちの「思惑」に巻き込まれるようになります。
 いまは「無欲」といわれる人でも、状況がまったく変わったりすると、その欲求が再び活性化する可能性があります。だから、この著者も、そうした波にのみ込まれないように、最後まで初心を貫いてほしいと思います。

 

【おすすめ度 ★★★】(5つ星評価)



書評 精神世界の本ベスト100に戻る

関連ページ

[1] エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代
[2] 「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン
[3] 富を「引き寄せる」科学的法則」/ウォレス・ワトルズ
[4] 流れとかたち/エイドリアン・ベジャン
[5] 唯識十章/多川 俊映─
[6] 2045年問題/松田卓也
[7] トランスパーソナルとは何か/吉福伸逸
[8] 一流人たちの感性が教えてくれた「ゾーン」の法則/志岐 幸子
[9] ザ・マスター・キー/チャールズ・ハアネル
[10] 禅と食/枡野 俊明
[11] プロセス指向心理学/アーノルド・ミンデル
[12] ルーフ・オブ・ヘブン/エベン・アレキサンダー
[13] 異次元は存在する/リサ・ランドール
[14] ザ・シークレット/ロンダ・バーン
[15] 宇宙瞑想/横尾忠則対談集
[16] アップデートする仏教/山下良道、藤田一照
[17] ザ・ゲート/エリック・パール
[18] 100万回生きたねこ/佐野洋子
[19] 神様のホテル/ビクトリア・スウィート
[20] 風邪の効用/野口晴哉
[21] わら一本の革命/福岡正信
[22] ネイティブ・マインド/北山耕平
[23]生きる。死ぬ。/土橋重隆、玄侑宗久
[24] あわいの力/安田 登
[25] 里山資本主義/藻谷 浩介
[26]しらずしらず/ムロディナウ
[27] すべては宇宙の采配/木村 秋則
[28] 奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー
[29] 祈る心は、治る力/ラリー・ドッシー
[30] 脳の神話が崩れるとき/M・ボーリガード
[31] なぜ、これを「信じる」とうまくいくのか/マシュー・ハトソン
[32] 超常現象 科学者たちの挑戦/NHK取材班
[33] 皮膚という「脳」/山口 創
[34] 魚は痛みを感じるか?/ヴィクトリア・ブレイスウェイト
[35] 食品の裏側──みんな大好きな食品添加物/阿部 司(東洋経済)
[36] 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み/木内鶴彦(晋遊舎)
[37] かもめのジョナサン完成版/リチャード バック(新潮社)
[38] 「ビジネスゲーム」から自由になる法/R・シャインフェルド(VOICE)
[39] 思考のすごい力/ブルース・リプトン(PHP研究所)
[40] 脳科学は人格を変えられるか?/エレーヌ・フォックス(文藝春秋)
[41] がんが消えた──ある自然治癒の記録/寺山心一翁(日本教文社)
[42] 体の知性を取り戻す/尹 雄大(講談社現代新書)
[43] 宇宙のパワーと自由にアクセスする方法/ディーパック・チョプラ(フォレスト出版)
[44] 腰痛は怒りである──痛みと心の不思議な関係/長谷川淳史(春秋社)
[45] 野生の体を取り戻せ!/ジョン J・レイティ、リチャード・マニング(NHK出版)
[46] がんが自然に治る生き方/ケリー・ターナー(プレジデント社)
[47] 打てば響く/竹村文近、大友良英(NHK出版)──音の力、鍼の力
[48] 病は心で治す──健康と心をめぐる驚くべき真実/リサ・ランキン(河出書房新社)
[49] フューチャー・オブ・マインド──心の未来を科学する/ミチオ・カク(NHK出版)
[50] 目の見えない人は世界をどう見ているのか/伊藤亜紗(光文社新書)
[51] 仏教思想のゼロポイント──「悟り」とは何か/魚川祐司(新潮社)
[52] 世界の中にありながら世界に属さない/吉福伸逸(サンガ)
[53] ONE──「1つになる」ということ/加藤秀視(徳間書店)
[54] 食べない人たち──「不食」が人を健康にする/秋山佳胤、森美智代、山田鷹夫(マキノ出版)
[55] 体をみれば心がわかる──ボディートークの世界/増田明(創元社)
[56] 植物は〈知性〉をもっている/S・マンクーゾ、A・ヴィオラ(NHK出版)
[57] 無意識の整え方/前野隆司(ワニ・プラス)
[58] 悲しみの秘義──悲しみを通じてしか見えてこないものがある/若松英輔(ナナロク社)
[59]ゴースト・ボーイ──10年の植物状態から目覚めた少年/M・ピストリウス(PHP)
[61] 無病法/ルイジ・コルナロ──102歳を生きた偉大なルネサンス人の食生活と教訓
[62] インターネットの次に来るもの/ケヴィン・ケリー(NHK出版)
[63] あなたの体は9割が細菌──微生物の生態系が崩れはじめた/アランナ・コイン(河出書房新社)
[64] ただ生きていく、それだけで素晴らしい/五木寛之 (PHP研究所)
[65]胎児の世界──人類の生命記憶/三木成夫(中公新書)
[66] 細胞から若返るテロメア・エフェクト/エリザベス・ブラックバーン(NHK出版)

●トップページ ● 書評 精神世界の本 ベスト100 ● スピリチュアル書店 ● 出版社&WEBマガジン ● トピックス