[58] 悲しみの秘義──悲しみを通じてしか見えてこないものがある/若松英輔(ナナロク社)

「人が語ろうとするのは、伝えたい何かがあるからであるよりも、言葉では伝えきれないことが、胸にあるのを感じているからだろう。言葉にならないことで全身が満たされたとき人は、言葉との関係をもっとも深めるのではないだろうか」(はじめに)

 著者は、この本に収められた25編のエッセイが「そうした心持ちのなかで宿り、生まれた」と述べています。
 誰でも一生に一度や二度は、この「言葉では伝えきれない」体験を持っていると思います。それが大きな喜びの感動であれ、悲しい出来事であれ、その体験は言葉にした途端に「何かが違う」と感じたことでしょう。

 

 著者は、言葉では伝えきれない代表的なものとして、「悲しみ」について次のように述べています。
「涙は、必ずしも頬を伝うとは限らない。悲しみが極まったとき、涙は涸れることがある。深い悲しみのなか、勇気をふりしぼって生きている人は皆、見えない涙が胸を流れることを知っている」
 ショックのあまり涙も出ず、言葉を失い、ただ呆然と立ちすくんでいる姿が浮かんできます。
「人生の岐路と呼ぶべき出来事は、それが自分のなかでどんなに烈しく起こっても、それを他者と分かち合うことはできない。理由はもう分かっている。それらはすべて、私の内なる世界で起った、私にとっての『事件』だからだ」

 

 そして孤独感、虚無感の中から、独り生きていく覚悟を決めます。
「真に他者とつながるために人は、ひとたび独りであることをわが身に引き受けなくてはならないのだろう。独りだと感じたとき、他者は、はじめてかけがいのない存在になる」
「人生には悲しみを通じてしか開かない扉がある。悲しむ者は、新しい生の幕開けに立ち会っているのかもしれない。単に、悲しみを忌むものとしてしか見ない者は、それを背負って歩く者に勇者の魂が宿っていることにも気がつくまい」

 

 また著者は、他者とのつながりの中でも最も大事な「信頼」について、次のように語っています。
「失ってみて、はじめて分かったことだが信頼は、生きることの基盤をなしている。自己への信頼も、他者との信頼の間に育まれる。心を開いてくれる他者と出会えたとき人は、他者との間だけではなく、自己との新しい関係をも結ぶことができるのはそのためだ」
「心を開くとは、他者に迎合することではない。そうしてしまうと相手だけではなく、自己からもどんどん遠ざかってしまう。むしろ、心を開くとは、自らの非力を受け入れ、露呈しつつ、しかし変貌を切望することではないだろうか。変貌の経験とは、自分を捨てることではない。自分でも気が付かなかった未知なる可能性の開花を目撃することである」

 

 以上の他にも「勇気とは何か」「師について」「覚悟の発見」「書けない履歴書」など様々なテーマで語られています。いずれのエッセイも「言葉では伝えきれない」体験について述べています。
 なかでも「書けない履歴書」は私自身が思い当たる話なので、少し長くなりますが、最後に引用させていただきます。
「どんな人間であるかを示さなくてはならなくて、履歴書の提出を求められる。紙面には、あらかじめ定められた項目があって、ひたすらにそれらに答える。言葉に書き得る情報で私たちは自分を語ることを強いられる。
 振り返ってみれば、履歴書を書き進めているうちに私たちは、どの項目にも書き得ない出来事こそが人生を決定してきたことに気が付いてたはずだ。しかし、世の中ではそんな理屈は通用しない。そう思い込み、同様の行為を何度も繰り返しているうちに、いつの間にか履歴書という枠のなかで自身を理解し始めてしまう。どんな仕事であってもその底を支えているのは容易に語り得ない何かなのである。悲しみの経験もその一つだ」
 言葉の限界を知りつつも、語り得ない何かを感じ取るために、それでも言葉を発し続ける著者の熱い思いが伝わってくる本です。ぜひ、一読をお薦めします。

 

【おすすめ度 ★★★★】(5つ星評価)


関連ページ

[1] エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代
[2] 「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン
[3] 富を「引き寄せる」科学的法則」/ウォレス・ワトルズ
[4] 流れとかたち/エイドリアン・ベジャン
[5] 唯識十章/多川 俊映─
[6] 2045年問題/松田卓也
[7] トランスパーソナルとは何か/吉福伸逸
[8] 一流人たちの感性が教えてくれた「ゾーン」の法則/志岐 幸子
[9] ザ・マスター・キー/チャールズ・ハアネル
[10] 禅と食/枡野 俊明
[11] プロセス指向心理学/アーノルド・ミンデル
[12] ルーフ・オブ・ヘブン/エベン・アレキサンダー
[13] 異次元は存在する/リサ・ランドール
[14] ザ・シークレット/ロンダ・バーン
[15] 宇宙瞑想/横尾忠則対談集
[16] アップデートする仏教/山下良道、藤田一照
[17] ザ・ゲート/エリック・パール
[18] 100万回生きたねこ/佐野洋子
[19] 神様のホテル/ビクトリア・スウィート
[20] 風邪の効用/野口晴哉
[21] わら一本の革命/福岡正信
[22] ネイティブ・マインド/北山耕平
[23]生きる。死ぬ。/土橋重隆、玄侑宗久
[24] あわいの力/安田 登
[25] 里山資本主義/藻谷 浩介
[26]しらずしらず/ムロディナウ
[27] すべては宇宙の采配/木村 秋則
[28] 奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー
[29] 祈る心は、治る力/ラリー・ドッシー
[30] 脳の神話が崩れるとき/M・ボーリガード
[31] なぜ、これを「信じる」とうまくいくのか/マシュー・ハトソン
[32] 超常現象 科学者たちの挑戦/NHK取材班
[33] 皮膚という「脳」/山口 創
[34] 魚は痛みを感じるか?/ヴィクトリア・ブレイスウェイト
[35] 食品の裏側──みんな大好きな食品添加物/阿部 司(東洋経済)
[36] 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み/木内鶴彦(晋遊舎)
[37] かもめのジョナサン完成版/リチャード バック(新潮社)
[38] 「ビジネスゲーム」から自由になる法/R・シャインフェルド(VOICE)
[39] 思考のすごい力/ブルース・リプトン(PHP研究所)
[40] 脳科学は人格を変えられるか?/エレーヌ・フォックス(文藝春秋)
[41] がんが消えた──ある自然治癒の記録/寺山心一翁(日本教文社)
[42] 体の知性を取り戻す/尹 雄大(講談社現代新書)
[43] 宇宙のパワーと自由にアクセスする方法/ディーパック・チョプラ(フォレスト出版)
[44] 腰痛は怒りである──痛みと心の不思議な関係/長谷川淳史(春秋社)
[45] 野生の体を取り戻せ!/ジョン J・レイティ、リチャード・マニング(NHK出版)
[46] がんが自然に治る生き方/ケリー・ターナー(プレジデント社)
[47] 打てば響く/竹村文近、大友良英(NHK出版)──音の力、鍼の力
[48] 病は心で治す──健康と心をめぐる驚くべき真実/リサ・ランキン(河出書房新社)
[49] フューチャー・オブ・マインド──心の未来を科学する/ミチオ・カク(NHK出版)
[50] 目の見えない人は世界をどう見ているのか/伊藤亜紗(光文社新書)
[51] 仏教思想のゼロポイント──「悟り」とは何か/魚川祐司(新潮社)
[52] 世界の中にありながら世界に属さない/吉福伸逸(サンガ)
[53] ONE──「1つになる」ということ/加藤秀視(徳間書店)
[54] 食べない人たち──「不食」が人を健康にする/秋山佳胤、森美智代、山田鷹夫(マキノ出版)
[55] 体をみれば心がわかる──ボディートークの世界/増田明(創元社)
[56] 植物は〈知性〉をもっている/S・マンクーゾ、A・ヴィオラ(NHK出版)
[57] 無意識の整え方/前野隆司(ワニ・プラス)

●トップページ ● 書評 精神世界の本 ベスト100 ● スピリチュアル書店 ● 出版社&WEBマガジン ● トピックス