[50] 目の見えない人は世界をどう見ているのか/伊藤亜紗(光文社新書)

 私は、この本を読むまでは、目の見えない人について少し誤解をしておりました。おそらく、身近に視覚障害の人がいなかったからかも知れません。
 私が目の見えない人と同じ体験をするには、単に目をつぶったり、アイマスクをつけて視覚を遮ればいいと思ってたからです。ところが、著者は「見えないことと、目をつぶることは全く違うことだ」と、次のように述べています。
「視覚を遮れば見えない人の体を体験できるというのは大きな誤解です。それは単なる引き算ではありません。見える人が眼をつぶることと、そもそも見えないことはどう違うのか。見える人が眼をつぶるのは、単なる視覚情報の遮断です。つまり引き算。そこで感じられるのは欠如です。
 しかし私がとらえたいのは『見えている状態を基準として、そこから視覚情報を引いた状態』ではありません。視覚抜きで成立している体そのものに“変身”したいのです。そのような条件が生み出す体の特徴、見えてくる世界のあり方、その意味を実感したいのです」

 

 この本は、視覚障害者らと長い期間にわたって交流し、日々のさりげないおしゃべりやワークショップを通じて、著者なりに推測した視覚に寄らない「世界の別の顔」の姿をまとめたものです。
 人間が外界から得る情報の8〜9割は視覚に由来するといわれています。私たちは、ともすると目でとらえた世界がすべてだと思い込んでしまい、「世界の別の顔」を見逃しているようです。そこで彼は、目の見える人では捉えることが困難な「世界の別の顔」を捉えようとしたのです。
「見えない世界しか知らない人にとっては、逆に目で見た世界が『別の顔』になります。そして世界の別の顔を知ることは、同時に自分の体の別の姿を知ることでもあります。手で『読ん』だり、耳で『眺め』たりと、通常は眼で行なっている仕事を、目以外の器官を使って行なってみるわけです」

 

 目の見えない人の世界を知ることによって、私たちは彼らから多くのことを学ぶことができます。それについて、著者は次のように述べています。
「私たちは体が持っている可能性のほんの一部しか使っていません。見えない人の体のあり方を知ると、そのことを強く感じます。障害者とは、健常者が使っているものを使わず、健常者が使っていないものを使っている人です。障害者の体を知ることで、これまでの身体論よりもむしろ広い、体の潜在的な可能性まで捉えることができるのではないかと考えています」

 

【おすすめ度 ★★★】(5つ星評価)


関連ページ

[1] エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代
[2] 「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン
[3] 富を「引き寄せる」科学的法則」/ウォレス・ワトルズ
[4] 流れとかたち/エイドリアン・ベジャン
[5] 唯識十章/多川 俊映─
[6] 2045年問題/松田卓也
[7] トランスパーソナルとは何か/吉福伸逸
[8] 一流人たちの感性が教えてくれた「ゾーン」の法則/志岐 幸子
[9] ザ・マスター・キー/チャールズ・ハアネル
[10] 禅と食/枡野 俊明
[11] プロセス指向心理学/アーノルド・ミンデル
[12] ルーフ・オブ・ヘブン/エベン・アレキサンダー
[13] 異次元は存在する/リサ・ランドール
[14] ザ・シークレット/ロンダ・バーン
[15] 宇宙瞑想/横尾忠則対談集
[16] アップデートする仏教/山下良道、藤田一照
[17] ザ・ゲート/エリック・パール
[18] 100万回生きたねこ/佐野洋子
[19] 神様のホテル/ビクトリア・スウィート
[20] 風邪の効用/野口晴哉
[21] わら一本の革命/福岡正信
[22] ネイティブ・マインド/北山耕平
[23]生きる。死ぬ。/土橋重隆、玄侑宗久
[24] あわいの力/安田 登
[25] 里山資本主義/藻谷 浩介
[26]しらずしらず/ムロディナウ
[27] すべては宇宙の采配/木村 秋則
[28] 奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー
[29] 祈る心は、治る力/ラリー・ドッシー
[30] 脳の神話が崩れるとき/M・ボーリガード
[31] なぜ、これを「信じる」とうまくいくのか/マシュー・ハトソン
[32] 超常現象 科学者たちの挑戦/NHK取材班
[33] 皮膚という「脳」/山口 創
[34] 魚は痛みを感じるか?/ヴィクトリア・ブレイスウェイト
[35] 食品の裏側──みんな大好きな食品添加物/阿部 司(東洋経済)
[36] 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み/木内鶴彦(晋遊舎)
[37] かもめのジョナサン完成版/リチャード バック(新潮社)
[38] 「ビジネスゲーム」から自由になる法/R・シャインフェルド(VOICE)
[39] 思考のすごい力/ブルース・リプトン(PHP研究所)
[40] 脳科学は人格を変えられるか?/エレーヌ・フォックス(文藝春秋)
[41] がんが消えた──ある自然治癒の記録/寺山心一翁(日本教文社)
[42] 体の知性を取り戻す/尹 雄大(講談社現代新書)
[43] 宇宙のパワーと自由にアクセスする方法/ディーパック・チョプラ(フォレスト出版)
[44] 腰痛は怒りである──痛みと心の不思議な関係/長谷川淳史(春秋社)
[45] 野生の体を取り戻せ!/ジョン J・レイティ、リチャード・マニング(NHK出版)
[46] がんが自然に治る生き方/ケリー・ターナー(プレジデント社)
[47] 打てば響く/竹村文近、大友良英(NHK出版)──音の力、鍼の力
[48] 病は心で治す──健康と心をめぐる驚くべき真実/リサ・ランキン(河出書房新社)
[49] フューチャー・オブ・マインド──心の未来を科学する/ミチオ・カク(NHK出版)

●トップページ ● 書評 精神世界の本 ベスト100 ● スピリチュアル書店 ● 出版社&WEBマガジン ● トピックス