[42] 体の知性を取り戻す/尹 雄大(講談社現代新書)

 最近はインターネットで情報を集めることが多くなったので、実際に現場に足を運んで取材することは少なくなりました。本来なら情報元に出かけていって直接自分の目で見て、全身で感じることが取材の原点なのですが、ついつい億劫になってパソコンで検索した情報で何とか間に合わせています。

 そんな私を咎めるかのように、タイミングよく出会った?のが本書です。著者の尹 雄大(ユン・ウンデ)氏は、主にインタビュー原稿やルポルタージュを手がけるライターです。その一方で、彼は柔道、空手、キックボクシング、韓氏意拳などの武術を長年にわたって実践してきた武道家でもあります。その彼が武術を通して学んだ「体で考えること」の重要性について述べています。
「行ったわけではない国、会ったこともない人、体験したことのない出来事について、あれやこれやと語り過ぎている。知識や情報を組み合わせれば、何か言った気になれるかもしれない。しかし、それは無責任なおしゃべりでしかない。口さがない世相に文句を言うことにエネルギーを費やしても仕方がない。だから考えた。そしてわかってきたのは、私たちが、思考を頭だけの行いだと勘違いしていることだ」
 彼は、言葉以前にすでに体は存在しているのだから、どうせ考えるなら、体から出発するべきだと次のように述べています。
「世の中では、頭でわかることが物事の理解であるという偏った考えが主流を占めている。そうなると、感覚のもたらす声を打ち消すことが正しいように思えてくる。それこそが現実的な判断だと感じてしまう。頭からすれば、感覚はとりとめのない、たんなる雑音にしか聞こえないのだ」
 私たちは、もっと体の声に耳を傾け、頭ではなく体の知性を取り戻すことが重要だというわけです。

 

「ふつう、知識を貯えれば貯えるほど、見える範囲は広がると思われている。そうして視野が広がれば、自分の意見も正当性を増すと錯覚している。それを続けていくと、やがて自分がこの世界をよく見知っているものの代表であるかのような気になってしまう」
 耳の痛い言葉です。それにしても、なぜ知識の量が「現実をよく知っている」と錯覚してしまうのでしょうか。
「体よりも思考が重視されている世の中では、現実と出会うのはなかなか難しい。私たちが『これが現実だ』と言うとき、他人とのあいだで共通意識が取り結べ、必ず頭が理解できる程度のものになっているからだ。いわば『頭の理解に基づく社会的な現実』と言っていい。それは『体にとっての現実』とは違う」
 実体である「体にとっての現実」が無視されると、頭にとってのバーチャルな現実だけが唯一の「現実」だと錯覚してしまうことになります。

 

 ところで、人前で緊張している人に「ありのままの自分でいいから」とアドバイスをすることがあります。
 しかし、著者によると「ありのまま」といっても、「頭にとってのありのまま」と、「体にとってのありのまま」の二つがあります。両者はしばしば食い違うことがあるので非常に厄介です。自分の感覚は自分にとって嘘ではないのですが、それゆえ自分を騙すことがあるからです。
「自分にとって何気ない普通の『ありのまま』が、あるがままの自然とは限らない。むしろ、これまでの人生で『これが正しい』『これがいいことだ』と思い、自分の体をいじくってきたのだ。体がもっている構造から外れた動きをして、偏りがついているのに、それを自然に感じてしまっている可能性のほうが高いだろう。自分の偏りは、それを見る目が育たない限り問題として映らない。ただ、ときおり体は、不快感や怪我という形でその不自然さを教えようとしてくれる。しかし、頭はなかなかそれを聞き届けない。それほど人間は、自分が自分にとって普通でありながら不自然という二重写しを当たり前に生きているのだ。それは観念と実体のズレと言い換えることもできる」
 頭で身につけてしまった「思い込み」を外しさえすればいいと思うのですが、そう簡単にはいかないようです。

 

【おすすめ度 ★★★】(5つ星評価)



書評 精神世界の本ベスト100に戻る

関連ページ

[1] エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代
[2] 「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン
[3] 富を「引き寄せる」科学的法則」/ウォレス・ワトルズ
[4] 流れとかたち/エイドリアン・ベジャン
[5] 唯識十章/多川 俊映─
[6] 2045年問題/松田卓也
[7] トランスパーソナルとは何か/吉福伸逸
[8] 一流人たちの感性が教えてくれた「ゾーン」の法則/志岐 幸子
[9] ザ・マスター・キー/チャールズ・ハアネル
[10] 禅と食/枡野 俊明
[11] プロセス指向心理学/アーノルド・ミンデル
[12] ルーフ・オブ・ヘブン/エベン・アレキサンダー
[13] 異次元は存在する/リサ・ランドール
[14] ザ・シークレット/ロンダ・バーン
[15] 宇宙瞑想/横尾忠則対談集
[16] アップデートする仏教/山下良道、藤田一照
[17] ザ・ゲート/エリック・パール
[18] 100万回生きたねこ/佐野洋子
[19] 神様のホテル/ビクトリア・スウィート
[20] 風邪の効用/野口晴哉
[21] わら一本の革命/福岡正信
[22] ネイティブ・マインド/北山耕平
[23]生きる。死ぬ。/土橋重隆、玄侑宗久
[24] あわいの力/安田 登
[25] 里山資本主義/藻谷 浩介
[26]しらずしらず/ムロディナウ
[27] すべては宇宙の采配/木村 秋則
[28] 奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー
[29] 祈る心は、治る力/ラリー・ドッシー
[30] 脳の神話が崩れるとき/M・ボーリガード
[31] なぜ、これを「信じる」とうまくいくのか/マシュー・ハトソン
[32] 超常現象 科学者たちの挑戦/NHK取材班
[33] 皮膚という「脳」/山口 創
[34] 魚は痛みを感じるか?/ヴィクトリア・ブレイスウェイト
[35] 食品の裏側──みんな大好きな食品添加物/阿部 司(東洋経済)
[36] 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み/木内鶴彦(晋遊舎)
[37] かもめのジョナサン完成版/リチャード バック(新潮社)
[38] 「ビジネスゲーム」から自由になる法/R・シャインフェルド(VOICE)
[39] 思考のすごい力/ブルース・リプトン(PHP研究所)
[40] 脳科学は人格を変えられるか?/エレーヌ・フォックス(文藝春秋)
[41] がんが消えた──ある自然治癒の記録/寺山心一翁(日本教文社)
[43] 宇宙のパワーと自由にアクセスする方法/ディーパック・チョプラ(フォレスト出版)
[44] 腰痛は怒りである──痛みと心の不思議な関係/長谷川淳史(春秋社)
[45] 野生の体を取り戻せ!/ジョン J・レイティ、リチャード・マニング(NHK出版)
[46] がんが自然に治る生き方/ケリー・ターナー(プレジデント社)
[47] 打てば響く/竹村文近、大友良英(NHK出版)──音の力、鍼の力
[48] 病は心で治す──健康と心をめぐる驚くべき真実/リサ・ランキン(河出書房新社)
[49] フューチャー・オブ・マインド──心の未来を科学する/ミチオ・カク(NHK出版)
[50] 目の見えない人は世界をどう見ているのか/伊藤亜紗(光文社新書)

●トップページ ● 書評 精神世界の本 ベスト100 ● スピリチュアル書店 ● 出版社&WEBマガジン ● トピックス