[13] 異次元は存在する──5次元世界の謎を解く/リサ・ランドール (NHK出版)

異次元は存在する,ポルチンスキー,リサ・ランドール,ブレーン,5次元,高次元,宇宙

 先日、放映されたNHKスペシャル番組『神の数式』を見て、異次元世界が最新の物理学の主要テーマになっていることが語られていました。

 その中で、ポルチンスキー(カリフォルニア大学物理学教授)が、「いまでは、多くの物理学者が、宇宙には私たちの住む3次元世界の他に、異次元世界があると信じている」と発言しておりました。私は、その言葉に刺激されて、さっそくこの本を再読して取り上げてみることにしたわけです。
 何しろ、私が大学で物理学を勉強していた頃は、「異次元」の問題はあくまでも数学上の概念であり、物理的実在として真剣には研究されていなかったからです。

 

 著者のリサ・ランドール(ハーバード大学物理学教授)の研究テーマは、ずばり「異次元空間の証明」です。
 彼女は異次元研究のきっかけについて、次のように語っております。
「原子核を構成する素粒子の中に、この世界から姿を消すものがあるという矛盾にぶつかり、5次元の研究を始めました。
 私たちの3次元世界(時間軸を加えると4次元世界)では、すべての物質が原子からできていて、その原子の中心は原子核となっています。原子核は素粒子からできているのですが、ある条件を加えると、この世から姿を消してしまう素粒子があることに気がつきました。
 無くなるはずのない素粒子が姿を見せ無くなるのはなぜなのか? 
 私たちの世界を取り巻く別の異次元があり、そこに行ってしまったため消失したと考えると、つじつまが合うのです。その異次元が私たちの世界や宇宙までもを取り巻く、巨大な時空間なのです。その中に、我々の住む3次元世界が平面の膜(ブレーン)のように存在しています。でも、異次元の世界は非常にうまく隠されていて、私たちには見ることができないのです」
 これまでも、ミクロの世界では異次元についての理論はありましたが、微細で見えないものと考えられてきました。しかし、彼女は「異次元世界は、巨大で見えないもの、無限の広がりを持つもの」として捉えています。今まで小さすぎて見えなかったのではなく、近くにあるにもかかわらず、うまく隠されているので、大きくても見ることができないというわけです。
 コペルニクスが500年前に「私たちは宇宙の中心にいるのではない」と言って世界を揺るがせましたが、じつは私たちは、宇宙の他の部分と隔絶した3次元空間に閉じ込められているにすぎず、そのすぐ隣には高次元宇宙が広がっているのかも知れないのです。

 

 彼女は、読者に理解しやすいように、次のような例えでも説明しています。
「3次元世界という膜(ブレーン)は、バスルームにおけるシャワーカーテンのようなものです。私たちや原子などの物質は、そのシャワーカーテンに貼りつけられている水滴だと考えることができます。水滴がシャワーカーテンに貼りついて下に落ちていくのと同じように、私たちも3次元世界の中を移動することができます。けれども、その水滴がシャワーカーテンから離れてバスルーム(5次元世界)に飛び出すことはできないのです。
 もし仮にバスルームの中に、他のカーテン(他の3次元空間を持った膜)があったとしても、飛び出してそのカーテンに移ることができないように、私たちも5次元世界にある他のブレーン(膜)に飛び移ることができないのです」
 人間はこの3次元空間という膜に閉じ込められているので、残念ながら5次元世界を見ることはできないし、行くこともできないと言っています。

 

 本書は、若田光一氏(宇宙飛行士)との対談形式になっているので読みやすく、難解といわれる素粒子物理学や異次元世界について分かりやすく説明しています。入門書ということもあって、ページも少ない(90ページ)ので、2時間足らずでスラスラ読めてしまいます。
 たぶん、読後は少し物足りないと感じる方が多いと思います。もう少し詳しく知りたいという人には、米英の高校物理のテキストとしても使われている『ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く』(リサ・ランドール著、 2007年、日本放送出版協会)を一読することをお薦めします。600ページ余りありますが、数式をいっさい使わないで、現代物理学の最新理論を非常にわかりやすく説明した一般向けの本です。

 

 前回、紹介した『プルーフ・オブ・ヘブン』の中で、脳神経外科医エベン・アレグサンダーは、「天国は、我々が住んでいる3次元世界からは見えないが、この世界と隣り合わせに存在している異次元世界(高次元世界)かも知れない」という意味のことを発言していました。
 リサ・ランドールも、本書の中で繰り返し次のように述べています。
「私たちには、その世界を直接見ることができませんが、私は異次元世界があると信じています。そういう異次元世界が、私たちの3次元世界のすぐそばにあると考えられるのです」
 この2人の発言から、すぐに異次元世界と霊的世界を結びつけて考えるのは飛躍かも知れませんが、大いに想像力を掻き立てられる話だと思います。ただ、私は人類が宇宙から誕生したことを考えれば、高次元宇宙とのチャンネルは、人間の遺伝子の中に組み込まれているはずだと思っています。

 

【おすすめ度 ★★★】(5つ星評価)



書評 精神世界の本ベスト100に戻る

関連ページ

[1] エンデの遺言/河邑厚徳+グループ現代
[2] 「原因」と「結果」の法則/ジェームズ・アレン
[3] 富を「引き寄せる」科学的法則」/ウォレス・ワトルズ
[4] 流れとかたち/エイドリアン・ベジャン
[5] 唯識十章/多川 俊映─
[6] 2045年問題/松田卓也
[7] トランスパーソナルとは何か/吉福伸逸
[8] 一流人たちの感性が教えてくれた「ゾーン」の法則/志岐 幸子
[9] ザ・マスター・キー/チャールズ・ハアネル
[10] 禅と食/枡野 俊明
[11] プロセス指向心理学/アーノルド・ミンデル
[12] ルーフ・オブ・ヘブン/エベン・アレキサンダー
[14] ザ・シークレット/ロンダ・バーン
[15] 宇宙瞑想/横尾忠則対談集
[16] アップデートする仏教/山下良道、藤田一照
[17] ザ・ゲート/エリック・パール
[18] 100万回生きたねこ/佐野洋子
[19] 神様のホテル/ビクトリア・スウィート
[20] 風邪の効用/野口晴哉
[21] わら一本の革命/福岡正信
[22] ネイティブ・マインド/北山耕平
[23]生きる。死ぬ。/土橋重隆、玄侑宗久
[24] あわいの力/安田 登
[25] 里山資本主義/藻谷 浩介
[26]しらずしらず/ムロディナウ
[27] すべては宇宙の采配/木村 秋則
[28] 奇跡の脳/ジル・ボルト・テイラー
[29] 祈る心は、治る力/ラリー・ドッシー
[30] 脳の神話が崩れるとき/M・ボーリガード
[31] なぜ、これを「信じる」とうまくいくのか/マシュー・ハトソン
[32] 超常現象 科学者たちの挑戦/NHK取材班
[33] 皮膚という「脳」/山口 創
[34] 魚は痛みを感じるか?/ヴィクトリア・ブレイスウェイト
[35] 食品の裏側──みんな大好きな食品添加物/阿部 司(東洋経済)
[36] 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み/木内鶴彦(晋遊舎)
[37] かもめのジョナサン完成版/リチャード バック(新潮社)
[38] 「ビジネスゲーム」から自由になる法/R・シャインフェルド(VOICE)
[39] 思考のすごい力/ブルース・リプトン(PHP研究所)
[40] 脳科学は人格を変えられるか?/エレーヌ・フォックス(文藝春秋)
[41] がんが消えた──ある自然治癒の記録/寺山心一翁(日本教文社)
[42] 体の知性を取り戻す/尹 雄大(講談社現代新書)
[43] 宇宙のパワーと自由にアクセスする方法/ディーパック・チョプラ(フォレスト出版)
[44] 腰痛は怒りである──痛みと心の不思議な関係/長谷川淳史(春秋社)
[45] 野生の体を取り戻せ!/ジョン J・レイティ、リチャード・マニング(NHK出版)
[46] がんが自然に治る生き方/ケリー・ターナー(プレジデント社)
[47] 打てば響く/竹村文近、大友良英(NHK出版)──音の力、鍼の力
[48] 病は心で治す──健康と心をめぐる驚くべき真実/リサ・ランキン(河出書房新社)
[49] フューチャー・オブ・マインド──心の未来を科学する/ミチオ・カク(NHK出版)
[50] 目の見えない人は世界をどう見ているのか/伊藤亜紗(光文社新書)

●トップページ ● 書評 精神世界の本 ベスト100 ● スピリチュアル書店 ● 出版社&WEBマガジン ● トピックス